人気ブログランキング |

吉岡萬理さんのうつわ1

本日は浅草寺ほおずき市の初日、薬草と雷除のどちらの効用を優先させようか聖観音菩薩様が迷っておられるが故の雨模様なのかも知れません。

『国立新美術館地階 SFTギャラリー』で開催中の「うつわ かたち」展で見つけたしっとりした黒がうつくしいうつわです。奈良県で作陶されている「吉岡萬理」さんのシンプルでいて心踊る仕掛けが随所に見受けられる鉄彩茶碗です。

吉岡萬理さんのうつわ1_f0351305_08232974.jpg
イメージ
吉岡萬理さんのうつわ1_f0351305_08201375.jpg
吉岡萬理さんのうつわ1_f0351305_08224261.jpg
包み
吉岡萬理さんのうつわ1_f0351305_08204990.jpg
正面
吉岡萬理さんのうつわ1_f0351305_08211900.jpg
背面
吉岡萬理さんのうつわ1_f0351305_08214727.jpg
見込み
吉岡萬理さんのうつわ1_f0351305_08221235.jpg
高台

吉岡萬理さんの器と言えば、軽妙なタッチで鮮やかに描かれたウキウキするような色絵が代表的です。色絵だとどうしてもその部分にばかり目がいきがちなのですが、単色の鉄彩だと色の濃淡によるグラデーションのうつくしさや高台にみられるようなポッテリとした掌に楽しい形状をより感じることが出来ます。グラスに見られるようなポッテリとした高台や口縁は手や唇にもやさしくて熱いものを飲むのにも適しています。

テクスチャーばかり先行している作家や作品が横行しているのも事実です。それが悪いとは思いませんが、日常に寄り添ってこその食器と言う考え方もあります。しっかりとした土台のうえに独自のテクスチャーが加わることでより好いモノへと昇華してゆくのではないでしょうか :-)








by waninogena2 | 2016-07-09 08:18 | うつわ | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2020年 04月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-04-01 15:57
箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-02-28 20:38
すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧