人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 6 )

うつわノート八丁堀店

東京駅からも程近く、高層ビルが建ち並ぶオフィス街の一画、そこだけ時の流れを忘れたような場所があります。ひっそりと佇む四階建ての小さな古ビルが今回の舞台です。

うつわノート八丁堀店_f0351305_22330193.jpg
うつわノートさんの写真から抜粋


記憶からも記録からも消されてしまいそうな小さな灯台があります。そこでは、確かに火が灯されてきたのです。荒れ狂う大海原の中、方角を見失わぬよう火を二つ灯し続けてきたのです。

ある日、そこに第三の火が灯されました。さ迷える航海士たちはその小さな灯台の火を見つけることが出来るでしょうか。

うつわノート八丁堀店_f0351305_11392872.jpg
うつわノートさんの写真から抜粋


2016年10月10日、薄日差す月曜日の午後、東京都中央区八丁堀のとある古ビルに新たな火が一つ灯りました。川越市にあるgallery『うつわノート』さんの初めてのサテライトショップとなる八丁堀店の誕生です。

うつわノート八丁堀店_f0351305_22153106.jpg
看板
うつわノート八丁堀店_f0351305_02064857.jpg
展示風景1
うつわノート八丁堀店_f0351305_02251979.jpg
展示風景2
うつわノート八丁堀店_f0351305_02254173.jpg
展示風景3
うつわノート八丁堀店_f0351305_02260039.jpg
展示風景4
うつわノート八丁堀店_f0351305_02071869.jpg
展示風景5


一般的に、醜いものは嫌われ美しいものは好かれます。「醜と美」対極にある二つの基準、それは本当に正しいのでしょうか。

数多ある中から自らの基準で選び出す行為は、根気と時間のいる作業となります。どれが醜く、どれが美しいのか見分ける作業は困難を極めることでしょう。


ここで、一つの疑問が浮かびます。人は何を以て、これは醜く、これは美しいと考えるのでしょう。その基準は何処から来たのでしょう。

完璧な答えは見つかりません。何故ならば人それぞれの基準があるからです。

同じものを見ても、ある人には醜く、ある人には美しく感じます。どの基準に照らし合わせるかでも答えは変わるでしょう。考えれば考える程に深みには嵌まっていきます。


クラフトフェアが各地で林立する昨今、作家と客のみでも商売は成り立ちます。では、galleryが存在する意義は何処にあるのでしょう。

その答えの一つに、galleristsやcuratorの存在があります。その眼をもって選び抜かれた作品は、美しいものへと昇華します。それが世間一般的に醜いと言われるものであってもです。

美しいの基準は必ず変化していきます。歴史がそれを証明しているのです。

人は信頼をおいた人の言葉にはきちんと耳を傾けます。それが間違っていたとしても。あとは、自らの基準に委ねれば良いのです。決して一人では得られなかった答えに辿り着けるでしょう。


一つのビルの中に三つの審美眼、重なり合う美もあれば、そうでない美もあります。選ぶ基準も違えば、展示する基準も違います。「みんなちがって、みんないい -金子みすゞの詩から抜粋-」そんなワンダービルの誕生です。

うつわノート八丁堀店_f0351305_22233233.jpg
プラグマタさんの写真から抜粋

「流れに、形に、風に触れる。目に、手に、口に触れる。いつか心の琴線に触れますように。」

さあ、みんなの美しいを探しに旅立とう :-)


4F うつわノート
3F pragmata -πραγματα-
2F 書肆 逆光
1F 胃袋を満たす場所

by waninogena2 | 2016-10-11 22:12 | Comments(0)

とある日の1枚

田谷直子さんのルリ釉の蕎麦猪口に二色の完熟プチトマトを盛ってみました。朝から喉を潤してくれます。

とある日の1枚_f0351305_11033704.jpg
イメージ

新潟市のギャラリー『ヒメミズキ』でお迎えした「花岡隆」さんのマグカップと「コバヤシユウジ」さんのスプーンも近日中にご紹介します:-)








by waninogena2 | 2015-12-10 11:03 | Comments(0)

とある日の1枚

とある日の1枚_f0351305_16122375.jpg
イメージ

まだ紹介しきれてないうつわもちらほらと見え隠れしてます。
ぼちぼちやっていきます:-)













by waninogena2 | 2015-06-18 16:12 | Comments(0)

うつわ3

九年前、『大山崎山荘美術館』で開催されていた「濱田庄司展」を観に行った帰りに立ち寄った小さなうつわ屋で手にした三寸小皿です。末晴窯と刻印されています。ダイナミックな造形に表情豊かな灰釉と松葉を模した鉄絵の調和が美しい逸品です。

うつわ3_f0351305_15301625.jpg
刻印
うつわ3_f0351305_15305550.jpg
表面
うつわ3_f0351305_153193.jpg
裏面
うつわ3_f0351305_15315344.jpg
斜め
うつわ3_f0351305_15321276.jpg
斜め

『末晴窯』で検索したところ、日本六古窯の一つ「丹波立杭焼」で三代続く窯元だそうです。雰囲気からすると二代目の西端正さんの作品のような気がします。

フラッと立ち寄ったお店で、何も分からないまま山積みのうつわの中から第一印象のみで手にした小皿です。なにか惹かれるものがあったのでしょう。今でも水屋の中にあって時々活躍してます。:-)







by waninogena2 | 2015-01-16 15:45 | Comments(0)

うつわ2

再びいつ?どこで?だれの?ものなのか忘れてしまったモノが。。。

うつわ2_f0351305_22323145.jpg
盛付け
うつわ2_f0351305_22332280.jpg
見込み
うつわ2_f0351305_22335460.jpg
高台
うつわ2_f0351305_223416100.jpg
正面1
うつわ2_f0351305_22351259.jpg
正面2

焼〆の素地に黒(濃紫)の釉薬。見込みにはピンクの御本も現れていて口縁は皮鯨。

熱く入れたたっぷりの焙じ茶をふうふうしながら頂きました。ほっこりです。







by waninogena2 | 2014-12-21 22:32 | Comments(0)

うつわ1

いつ、どこで、だれの、なのか何も覚えていません。。。粉引きのフリーカップです。

うつわ1_f0351305_1628436.jpg
肌合い
うつわ1_f0351305_1628064.jpg
見込み
うつわ1_f0351305_16282020.jpg
高台
うつわ1_f0351305_1629080.jpg
正面1
うつわ1_f0351305_16292272.jpg
正面2

薄くひいてあるので熱いモノには適していません。ですが、スッと手に収まる可愛い奴です。

おそらく三年前。おそらく東京の二子玉川か町田か、どこかのギャラリー。
誰の手によるモノなのか不明。

まあ、作り手が誰であっても気に入って買ったのは間違いないですし、気に入って使ってることにも間違いないんですけどね。笑







by waninogena2 | 2014-12-04 16:27 | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2020年 04月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-04-01 15:57
箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-02-28 20:38
すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧