人気ブログランキング |

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梶原靖元さんのうつわ2

十月十日、川越のギャラリー『うつわノート』さんで手にした「梶原靖元」さんの黒盃です。写真では真っ黒に見えますが、実際はダークチョコレートの如くトロリとした流れが素敵な鉄釉です。他の鉄釉の器は見事な漆黒でした。

焼成温度が関係してるのかも知れません。お聞きすれば良かったのですが人見知りなもので…

梶原靖元さんのうつわ2_f0351305_21505973.jpg
イメージ
梶原靖元さんのうつわ2_f0351305_21515110.jpg
見込み
梶原靖元さんのうつわ2_f0351305_21522261.jpg
高台
梶原靖元さんのうつわ2_f0351305_21532170.jpg
正面
梶原靖元さんのうつわ2_f0351305_21535551.jpg
正面

梶原さんの仕事の話はうつわノートの店主が詳細に記述してますのでそちらをご参照下さいませ。

「唐津の地で作陶するからには、唐津風ではなく唐津焼を作りたい。」と仰っていたのがとても印象的でした。

「土も釉薬も雑じり気のない単体からつくり薪窯で焼く」古の人々がそうしたであろう技を梶原さんなりに一つ一つ紐解きながらの作業だそうです。「様々なルートから取り寄せてたものではなく、唐津の地にあるものだけを使ってこそ本来の唐津焼に近づけるのではないか。」そうも仰ってました。


「色は混ぜれば混ぜる程に濁りを増していく。シンプルに単体のみを使えば本来の色が出せるのではないか。立体だからと言って陰影を用いて描かずとも線と色のみを用いて平面の中に描けば良い。せっかくの美しい色を敢えて濁らせる必要はない。」学生時代に言われたことをふと思い出しました。

分野は違っても究極を求めると自然と辿り着く答えなのかも知れません。「装飾を施すことよりも装飾なきシンプルなものこそ最もむずかしい」要するに一切の誤魔化しが効かないと言うことです。


僕も人生を複雑に考えるあまり迷路を歩んでいるような気がします。「日々をシンプルに過ごす」勝手にそう誓ってみました:-)








by waninogena2 | 2015-10-25 17:54 | うつわ | Comments(0)

梶原靖元さんのうつわ1

十月十日、川越市小仙波町にあるギャラリー『うつわノート』で手にした小鉢です。佐賀県唐津市で作陶されている「梶原靖元」さんの斑唐津かと思われます。

梶原靖元さんのうつわ1_f0351305_21493560.jpg
イメージ
梶原靖元さんのうつわ1_f0351305_21495868.jpg
見込み
梶原靖元さんのうつわ1_f0351305_21501361.jpg
高台
梶原靖元さんのうつわ1_f0351305_21502990.jpg
正面
梶原靖元さんのうつわ1_f0351305_21504239.jpg
正面

久しぶりの休日、自然と僕の身体は川越へと向かう電車に揺られていました。一年ぶりの道程、風景に多少の変化はあるものの通いなれた道を行くのはすこぶる楽しかったです。

趣のある木扉を開けるとそこには圧巻の展示数、様々な唐津が所狭しと並んでいました。いつもと違い作品名が記してあるものもちらほら、手にとって良いものかどうか悩んだ末に腰を曲げて目を凝らしながら一点一点じっくりと見て回りました。

二周目、ついに我慢出来なくなりそっと手を伸ばします。掌で包んだうつわたちはそれぞれが静かに語りかけてくるようでした。何度も何度も掌に包み、耳を澄まし、静かな声を聞き分けていきます。静かだけれども芯のある澄んだ声でした。

最終的に撰んだのは二つの品、今回は小鉢のご紹介です。
翠がかったような灰色に全体を包まれた姿は、一見磁器か半磁器を思わせますが、その下には唐津の土の色が顔をうっすらと覗かせるとともに、その重みと温もりが土であることを伝えてくれます。唐津の砂岩を細かく砕き陶土にするそうです。

高台裏の目跡がヒコウキ雲のような爽やかさをプラスしてなんだかウキウキさせてくれます:-)

次回は、梶原靖元さんとの会話を回想しながらもう一つの黒盃をご紹介しようと思います。








by waninogena2 | 2015-10-16 22:33 | うつわ | Comments(0)

モリス・ゾイさんのうつわ1

昨年五月、益子の陶器市にて手にしたカップ&ソーサーです。東京?で作陶されているモリス・ゾイさんのマチエールが面白い逸品です。

モリス・ゾイさんのうつわ1_f0351305_00051248.jpg
イメージ
モリス・ゾイさんのうつわ1_f0351305_00190755.jpg
見込み
モリス・ゾイさんのうつわ1_f0351305_00183988.jpg
高台
モリス・ゾイさんのうつわ1_f0351305_00170349.jpg
モリス・ゾイさんのうつわ1_f0351305_00193318.jpg

ルーシー・リーを彷彿とさせる造形と色見のモノではなく、そのマチエールから溶岩を思わせるこちらを選びました。毒々しいスパイダーのような雰囲気も気に入りました。
他にうつくしいコバルトブルーや口縁からブラックチョコレートを垂らしたような器もありました。

細身の女性の手から生まれたこれらの器たちは、意外にもずっしりと重みがあり驚かされます。汲み出しやボウルであれば心地好い重さです。非力な私には持ち手の形状が合わないらしく、水屋の中で目を楽しませるオブジェと化しています。注いだあとの重さがバランスを崩し安定性に欠けるのです。。。

用をとるか美をとるか、はたまた用の美を追求するのか、買い手としても難しいところではあります。私事で失礼致しました。


追記
川越市小仙波のギャラリー『うつわノート』さんで開催中の作家「梶原靖元」さんの個展に行ってきました。その話はまたの機会に記します:-)








by waninogena2 | 2015-10-10 19:48 | うつわ | Comments(1)

大原光一さんのうつわ1

九年程前、京都のギャラリー『草星』さんで手にした泪型の弧が美しい五寸の片口です。愛知県の常滑で作陶されている「大原光一」さんのしっとりと艶やかに成長した焼〆です。


大原光一さんのうつわ1_f0351305_16365539.jpg
イメージ
大原光一さんのうつわ1_f0351305_16384103.jpg
見込み
大原光一さんのうつわ1_f0351305_16382662.jpg
高台
大原光一さんのうつわ1_f0351305_16375048.jpg
正面
大原光一さんのうつわ1_f0351305_16385788.jpg
正面

幾つか持ってる大原さんの焼〆の中でも特に使用頻度が高く重宝してます。

買った当初は渇いたような柿色の発色と、薪窯焼成特有の灰による錆びた黒銀とのコントラストが美しく、ぽつぽつと表れた黒点も相俟って一塊の抽象オブジェの様でもありました。現在は程好く油も吸い込みしっとりとした渋い柿色へと変わりました。

粋から詫び錆びへの変容を楽しめるのが焼〆の面白い一面でもあります。

紙やすりで丁寧に研磨された高台も使う側への優しい配慮から大原さんの人柄が窺えます。

これからもガンガン使って亀の子たわしでガシガシ洗っていきます:-)






by waninogena2 | 2015-10-09 12:17 | うつわ | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51
すずきたもつ陶展 1 - 僕..
at 2019-12-17 15:50
すずきたもつ 陶展 - 前記 -
at 2019-12-11 09:41

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧