人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

岩谷雪子さんの展示1

十七日、大田区鵜の木にあるgallery『hasu no hana』さんで開催中の「岩谷雪子展 越後妻有から」を観てきました。

岩谷雪子さんの展示1_f0351305_19003535.jpg
イメージ
岩谷雪子さんの展示1_f0351305_19004844.jpg
イメージ
岩谷雪子さんの展示1_f0351305_19013262.jpg
イメージ
岩谷雪子さんの展示1_f0351305_18050703.jpg
外観
岩谷雪子さんの展示1_f0351305_17570144.jpg
入口

初めて訪れたgallery『hasu no hana』は、東急多摩川線・鵜の木駅から徒歩1分に佇む長屋の一角をリノベーションした2F建ての小箱です。昨年、「gallery's eye」で作品を手にしたときからまとまって見れる機会に恵まれるのをずっと待ってました。

昨年、新潟で開催された越後妻有アートトリエンナーレ2015「大地の芸術祭」の参加作品が展示されています。その中でも幾つか気になったモノには全て赤いピンが刺さってました。ただただ残念っ><

作品の一つ一つから「新潟・里山の持つ豊かさ」「動植物の生命の力強さ 自然と共存する大切さ 人が越えてはならない自然の領域」作品を通して色んなモノが伝わってきます。お話した訳ではないので本当に意図するところは分かりませんが。。。

「自然が織り成した形から生まれる光の向こう側」時間を忘れてうつくしく折り重なった影をひたすら追ってました。

「具象と抽象」雪景色の中に残った小動物のあしあとにも見て取れる素材のあるがままの表現。枠からはみ出した兎の毛に無限につづく時の流れと生命の儚さ、空間の広がりを感じました。デフォルメされたランドスケープ、脳と心のフィルターを通すことで本来ある風景から一切のムダを削ぎ落としたシンプルな表現。なぜか日本画家・福田平八郎の憎いまでの潔さを連想してしまいました。

商業作家では伝えられない素朴でいて力強く儚い、そんなメッセージがそこかしこに溢れてます。岩谷雪子さんの持つある種の狂気にも触れた瞬間でした。一話完結の小品でさえこれだけのモノを秘めているのなら、「より深く表現できるインスタレーションなら」と思えてなりません。いつか機会を得てみたいものです。


オーナーさんとお話する中、淹れたてのあつい珈琲をコクコクしながら、「どうぶつたち 望月計男 版画集」を購入してきました:-) 四月が待ち遠しいです。













by waninogena2 | 2016-01-17 19:30 | 展示 | Comments(0)

安永正臣さんのうつわ1

新春一月六日、八丁堀にあるgallery『プラグマタ』で手にした焼色がうつくしい南蛮焼〆です。三重県伊賀市で作陶されている「安永正臣」さんの素朴でいて緻密、軽やかなリズム感のある横手急須です。「島るり子」さんの汲み出しはそのうちご紹介しますね。。。

安永正臣さんのうつわ1_f0351305_13442753.jpg
イメージ
安永正臣さんのうつわ1_f0351305_14032828.jpg
正面
安永正臣さんのうつわ1_f0351305_14055911.jpg
背面
安永正臣さんのうつわ1_f0351305_13534745.jpg
上面
安永正臣さんのうつわ1_f0351305_14002752.jpg
下面

現代の工芸・美術という枠に捕らわれない遊び心と実直さのある仕事は以前からずっと気になってました。それ故に手にした悦びもひとしおと言ったところでしょうか。大切に普段遣いします。

バランスの良さは横手での立ち姿を見れば一目瞭然ですよね。小首を傾げるように少し傾いた姿にも愛嬌があって癒されます。水の切れも抜群でこれから重宝することになるでしょう。

今回は実直な仕事の南蛮焼〆急須、次回は遊び心ある仕事のソーダー菓子のようなオブジェを迎え入れようと既に画策中なんです:-) 遊び心を発揮できるのも下地となる基本の技術が根底にあってこそでしょう。

『プラグマタ』は東京駅からも程近い八丁堀の小さな雑居ビルの3Fに静かに佇んでいるオーナーのセンスがそこかしこに溢れるうつわとオブジェのギャラリーです。同じビル内には面白いお店も入ってるので東京散策ルートに組み込んでいます:-)

明日、大田区鵜の木にあるgallery『hasu no hana』で開催中の「岩谷雪子」さんの個展「越後妻有から」に足を運ぼうか。
『池袋サンシャインシティ』で開催される「ドールショウ45 冬 池袋」に足を運ぼうか。
7:3で悩み中。ほぼほぼ決まってますやん:-p .。o○







by waninogena2 | 2016-01-16 13:58 | うつわ | Comments(0)

小林裕爾さんのカトラリー1

新潟市内のギャラリー『ヒメミズキ』さんで花岡隆さんの粉引マグとともに手にした漆塗りのスプーンです。日々の暮らしの中で使う木の生活道具を作っている「小林裕爾」さんのカトラリーです。長野市西部中条五十里地区(旧中条村)で『MWC.WORKSHOP』を営んでおられます。


小林裕爾さんのカトラリー1_f0351305_13554398.jpg
イメージ
小林裕爾さんのカトラリー1_f0351305_13564147.jpg
持ち手
小林裕爾さんのカトラリー1_f0351305_13561579.jpg
掬い手
小林裕爾さんのカトラリー1_f0351305_13574160.jpg
正面
小林裕爾さんのカトラリー1_f0351305_13571537.jpg
背面

初めて手にしたときからスッと僕の手に馴染んだそのフォルムは素晴らしいの一言です。やわらかな曲線ラインと削り痕が心地好く、拭き漆の加工が木目をうつくしく際立たせています。

昨夜は春の七草粥を愉しむのに使わせて貰いました。胃にやさしい粥と手のひらにやさしいカトラリーの夢の饗宴です。口に運んだときのやさしい感触が堪りません。下手な料理が美味しく感じられるのもてづくりの成せる技ですね:-)








by waninogena2 | 2016-01-08 13:55 | うつわ | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51
すずきたもつ陶展 1 - 僕..
at 2019-12-17 15:50
すずきたもつ 陶展 - 前記 -
at 2019-12-11 09:41

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧