人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編

七ヶ月前、『tadokorogaro』は色なき色で覆われていました。十月二十五日、晩秋とは言え植物にはまだ勢いがあり色んな色で覆われています。これから起こることを想像するだけでワクワクドキドキするのです。『日本料理 温石』がOPENする日だけ掛かる表札が誇らしげに出迎えてくれました。さあ、アプローチを抜けて上がらせて貰いましょう。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16094035.jpg
tadokorogaro
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16104987.jpg
表札
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16115905.jpg
飛び石アプローチ
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16131612.jpg
日本料理温石玄関

tadokorogaroの脇に伸びる水の撒かれたアプローチを抜けました。木戸を開けて玄関口で靴を脱ぎ、準備されたスリッパで上がります。静寂に満ちた空間が出迎えてくれるでしょう。

休日の小学校のような、朝の教会のような、凛と張り詰めた空間が広がっています。緊張を解きほぐすかのように、間髪入れずに「いらっしゃいませ。」の声が優しく耳に届きます。その瞬間から温もりのある空間へと一変するのです。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16144273.jpg
廊下

どうやら予約は一組だけのようです。天候の荒れた平日の寒い昼とあって思いがけずの貸し切りとなりました。小音量で流されるインストゥルメンタルが心地好く響きわたり、澄んだギターの音色にそっと瞼を落としたくなります。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16155370.jpg
部屋

窓辺に咲く一輪の花がじんわりと胸の中で広がります。やぱり僕は日本人のようです。波打ち硝子から洩れてくるブルーグレーの光が外の景色を教えてくれます。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16172193.jpg
明り取り窓
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16180386.jpg
花生け

身体の芯に温かい季節のお茶が染みわたり、はじまりをそっと告げてくれているようです。「頂きます。」

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16254321.jpg
はじまりのお茶
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00350281.jpg
配膳前
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00351779.jpg
白ご飯
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00353190.jpg
野生韮の茶碗蒸し
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00354387.jpg
地茸と秋茄子のおうどん ゴーダチーズ和え
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00355893.jpg
甘海老のお椀 カリフラワーの摺り流し仕立て
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00361112.jpg
キジハタの揚げ物 キャベツ添え
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00362448.jpg
小谷野豚の燻し焼田楽ソース 馬鈴薯添え
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00363878.jpg
香茸のご飯/小松菜の味噌汁/漬物三種
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00365561.jpg
栗のブラマンジェ ミルク仕立て

目で、鼻で、口で、耳で、手のひらで、五感をフルに刺激されながら季節を楽しみました。いつの間にやら雨も止んで雲と雲の合間からは、僅かながらに光も差してきました。

料理や器の突拍子もない連続質問にも嫌な顔一つすることなく、丁寧に説明して下さる奥様には感謝の言葉しかありません。勿論、心を配しながら調理して下さった旦那様にもです。笑顔の絶えない至福の二時間はあっと言う間に過ぎていきました。「ご馳走さまでした。」

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00371577.jpg
煎茶
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16183696.jpg
波打ち硝子
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16193672.jpg
ストーブ
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_16200770.jpg

tadokorogaroへ移動してご夫婦と深くお話させて頂きました。奥様の「イラストレーター 田所真理子」さんは常に朗らかで物腰やわらかく、旦那様(お名前を知りません。。)は僧侶や牧師のように思慮深く、口数は少ないものの言葉の一つ一つに重みがあります。時折、良い意味で本当に料理人なのかと疑わしくもなる程にです。松本の街に溶け込み、この土地に住むことへの気持ちが愛情としてひしひしと伝わってきました。

外から見る松本の街は、文化・芸術が薫り立つように色濃く残る素敵な街と言う印象です。ですが、内から見るとそうとばかりも言えないようです。

「一度壊してしまうと二度と元には戻らない。」何処の街にも言えることなのかも知れませんが、金継ぎのような意味のある再生法で行政も動いてくれると良いのですが。。

ここでは、フランス十九世紀のアンティーク七寸輪花皿を持ち帰りました。ご報告はまたまた次回と言うことで。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路4 tadokorogaro+日本料理温石 編_f0351305_00381567.jpg
旅仕舞い

ご夫妻が正座をされて「ありがとうございました。」とお辞儀をされるうつくしい姿を見ると、いつも僕が日本人であることを再認識させられます。日本人であることが誇りと思えるような、そんな日本であるように出来ることから頑張ってみようと思います。エイエイオー








by waninogena2 | 2016-10-30 16:08 | 旅行と散歩 | Comments(0)

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編

紅葉三分にもかかわらず木枯し舞う十月二十五日の朝、大天守、乾小天守、渡櫓、辰巳附櫓、月見櫓の五棟からなる現存するものとしては日本最古の五重六階の松本城天守群を観覧してきました。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19320440.jpg
松本城1
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19304519.jpg
松本城2

天守内には歴史の代弁者とも言うべき品々が所狭しと展示されていました。大量生産の叶わぬ時代、職人が一つ一つに最高の技術で臨んだ結果の美しさがそこにありました。江戸時代の美意識の高さには脱帽するばかりです。

歴代の城主は、ここからの眺望になにを想いなにを託していたのでしょう。歴史ロマンに触れた時間でした。

にしてもあの床の冷たさ、身体の芯まで冷えて身震いが止まりません。トイレが近くなってしまいます。。ブルブル

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19325543.jpg
大天守からの眺望

冷たい風の混じる小雨に濡れる天守をボーッと見上げながらホットココアで一息です。気持ちも新たに開店直後の松本市内にあるgallery『ぎゃるり灰月』さんと扉を開けました。開催中の「山田洋次展 ~スリップウェアと黄釉の器~」の始まりです。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19340378.jpg
展示案内
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19345137.jpg
あともう少し
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_13332252.jpg
入口

伝統的スリップウェアの泥土模様に若干の煩さを感じていた僕は、どちらかと言うと苦手な思いもありました。山田洋次さんのものはと言うと、泥土模様も温もりに溢れていてすんなりとまではいきませんが好きになりました。やはり実物は違います。きっと食わず嫌いだったのでしょう。ハンセイ

あーだこーだ言いながら楽しく選ぶことが出来ました。ご紹介は次回と言うことで。。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19311207.jpg
展示風景1
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19360770.jpg
展示風景2
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19370397.jpg
展示風景3
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19373248.jpg
展示風景4
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路3 ぎゃるり灰月 -山田洋次展- 編_f0351305_19375793.jpg
展示風景5

手にしたうつわの心地好い重さにはやる気持ちを抑えながら、この旅路のメインディッシュである温石さんへと向かいました。:-)

さあ、心行くまで食べるぞ~








by waninogena2 | 2016-10-28 19:21 | 展示 | Comments(0)

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編

十月二十四日の午後、なにかに興味をそそられたのかそっぽを向く猫に見送られる中、風の運ぶ秋を感じながら小淵沢高原を後にしました。

約一時間後、斜陽によってくっきりと輪郭を現した国宝松本城(深志城・烏城)のお出迎えです。イフウドウドウ

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13303705.jpeg
松本城

取るものも取り敢えずホテルの自転車に跨がり、色とりどりのSHAKER OVAL BOXでお馴染みの木工作家「井藤昌志」さんの展開する『LABORATORIO』へ。道すがら、一六七二(寛文十二)年創業の老舗『山屋御飴所』の敷地内で木工作家 「三谷 龍二」さんの運営するgallery『10㎝』に定休日ですが立ち寄ってみました。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13532467.jpg
ホテル駐車場
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13321977.jpg
10㎝

閉店間近の『LABORATORIO』になんとか辿り着きました。一九三三(昭和八)年創建、当時の薬局の面影を残しつつ改装した雰囲気のある空間です。瞼をスッと落として創建当時の賑わいに想いを馳せてみました。一階の「the BOX SHOP」で修繕して頂いた額縁のお礼をスタッフさんに伝え、隣接する神山ビル二階の「faber LABORATORIO」で最終日を迎えた展示を楽しみ、二階の「Cafe and Shop」で買い物です。食品や布ものを中心に選んでみました。

閉店間際にも関わらず楽しませてくれたLABORATORIOスタッフの皆さんありがとうございました。カンシャ

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13363287.jpg
LABORATORIO
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13411258.jpg
入口
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13391668.jpg
Cafe and Shop入口
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13421789.jpeg
LABORATORIO外観

市内を流れる女鳥羽川沿いに佇む「時代遅れの洋食屋 おきな堂」は、臨時休業してなにやら研修中です。。急遽、この街に相応しくレトロな構えの「民芸レストラン 盛よし」で夕食です。遅めの昼食だったこともあり、ボリュームたっぷりの内容に少し残してしまいました。ゴメンナサイ

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路2 LABORATORIO編_f0351305_13444866.jpeg
民芸レストラン盛よし

「珈琲美学アベ」で締め括りの一杯と決めたものの既に灯りを消したあと、そそくさとホテルに戻って淹れたてドリップ珈琲で静かに乾杯しました。プハー

八ヶ岳南麓+松本の旅路もいよいよ佳境を迎えます。旅仕舞いまでもう少しのお付き合いです :-)








by waninogena2 | 2016-10-28 13:27 | 旅行と散歩 | Comments(0)

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編

十月二十四日、二十四節季の一つ霜降(太陽黄経が210度の時で、露が冷気によって、霜となって降りはじめるころ)、晩秋の旅路に就きました。まず向かったのは、八ヶ岳南麓に位置する小淵沢高原です。

麓に広がる田園では、刈り取った稲を乾燥のために積み上げた藁塚が、澄んだ風景に小気味良いリズムを刻んでいました。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19315153.jpg
田園風景

先日、目黒区碑文谷にあるgallery『宙 -sora-』の店主さんと菊地勝さんに教えて頂いた小淵沢にあるgallery『夢宇 muu』を訪れました。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19340462.jpg
案内板
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19351274.jpg
せせらぎ

これでもかと思わせる程の商品量は、有名無名を問わずジャンルを超えた圧巻の展開です。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19361258.jpg
看板
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19371191.jpg
展示風景

夢宇谷と呼ばれるこのエリア、どうやら猫銀座になってるようです。此処彼処に猫に注意の手書き看板がありました。

晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19392630.jpg
人懐こい猫1-1
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19463991.jpg
人懐こい猫1-2
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19402062.jpg
猫舟神社
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19405379.jpeg
どんぐり
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19424245.jpg
人懐こい猫2-1
晩秋の八ヶ岳南麓+松本の旅路1 夢宇 -muu- 編_f0351305_19411833.jpeg
人懐こい猫2-2

お腹の虫が泣き疲れてきたころ、『てくてく 八ヶ岳本店』さんの鴨せいろと十割でそれぞれのお腹を満たし、鴨汁を落とした蕎麦湯で一息つきました。次に向かったのは、中信州に位置する松本の地です :-) ワクワク








by waninogena2 | 2016-10-26 19:30 | 旅行と散歩 | Comments(0)

とある日の一枚

流されゆく鰯雲に感じた季節のそぞろ寒。稲藁をチュチュンと啄む雀たち、案山子見上げるは霧の帳に消えゆく真雁の群れ。角を切られては一大事と慌てふためく臆病な牡鹿、肥ゆる秋をモグモグ堪能する食いしん坊な猪。こんこんと沸く土鍋の傍らで悟りを開かんばかりの鳴子守。

一方、暢気な僕はと言うと、薫り豊かな茸の飯にポポンと鳴らした舌鼓。夕げのテーブルをパチリと写してブログの更新。

とある日の一枚_f0351305_21534614.jpg
作家ものの器たち

青木亮さんの粉引茶碗、大原光一さんの焼〆片口、森岡由利子さんの花弁小皿、長谷川奈津さんの鉄釉小皿、額賀章夫さんの粉引小鉢、溝口伸弥さんの焼杉の漆椀。

ジタバッタするなよ :-)








by waninogena2 | 2016-10-21 21:51 | うつわ | Comments(0)

うつわノート八丁堀店

東京駅からも程近く、高層ビルが建ち並ぶオフィス街の一画、そこだけ時の流れを忘れたような場所があります。ひっそりと佇む四階建ての小さな古ビルが今回の舞台です。

うつわノート八丁堀店_f0351305_22330193.jpg
うつわノートさんの写真から抜粋


記憶からも記録からも消されてしまいそうな小さな灯台があります。そこでは、確かに火が灯されてきたのです。荒れ狂う大海原の中、方角を見失わぬよう火を二つ灯し続けてきたのです。

ある日、そこに第三の火が灯されました。さ迷える航海士たちはその小さな灯台の火を見つけることが出来るでしょうか。

うつわノート八丁堀店_f0351305_11392872.jpg
うつわノートさんの写真から抜粋


2016年10月10日、薄日差す月曜日の午後、東京都中央区八丁堀のとある古ビルに新たな火が一つ灯りました。川越市にあるgallery『うつわノート』さんの初めてのサテライトショップとなる八丁堀店の誕生です。

うつわノート八丁堀店_f0351305_22153106.jpg
看板
うつわノート八丁堀店_f0351305_02064857.jpg
展示風景1
うつわノート八丁堀店_f0351305_02251979.jpg
展示風景2
うつわノート八丁堀店_f0351305_02254173.jpg
展示風景3
うつわノート八丁堀店_f0351305_02260039.jpg
展示風景4
うつわノート八丁堀店_f0351305_02071869.jpg
展示風景5


一般的に、醜いものは嫌われ美しいものは好かれます。「醜と美」対極にある二つの基準、それは本当に正しいのでしょうか。

数多ある中から自らの基準で選び出す行為は、根気と時間のいる作業となります。どれが醜く、どれが美しいのか見分ける作業は困難を極めることでしょう。


ここで、一つの疑問が浮かびます。人は何を以て、これは醜く、これは美しいと考えるのでしょう。その基準は何処から来たのでしょう。

完璧な答えは見つかりません。何故ならば人それぞれの基準があるからです。

同じものを見ても、ある人には醜く、ある人には美しく感じます。どの基準に照らし合わせるかでも答えは変わるでしょう。考えれば考える程に深みには嵌まっていきます。


クラフトフェアが各地で林立する昨今、作家と客のみでも商売は成り立ちます。では、galleryが存在する意義は何処にあるのでしょう。

その答えの一つに、galleristsやcuratorの存在があります。その眼をもって選び抜かれた作品は、美しいものへと昇華します。それが世間一般的に醜いと言われるものであってもです。

美しいの基準は必ず変化していきます。歴史がそれを証明しているのです。

人は信頼をおいた人の言葉にはきちんと耳を傾けます。それが間違っていたとしても。あとは、自らの基準に委ねれば良いのです。決して一人では得られなかった答えに辿り着けるでしょう。


一つのビルの中に三つの審美眼、重なり合う美もあれば、そうでない美もあります。選ぶ基準も違えば、展示する基準も違います。「みんなちがって、みんないい -金子みすゞの詩から抜粋-」そんなワンダービルの誕生です。

うつわノート八丁堀店_f0351305_22233233.jpg
プラグマタさんの写真から抜粋

「流れに、形に、風に触れる。目に、手に、口に触れる。いつか心の琴線に触れますように。」

さあ、みんなの美しいを探しに旅立とう :-)


4F うつわノート
3F pragmata -πραγματα-
2F 書肆 逆光
1F 胃袋を満たす場所

by waninogena2 | 2016-10-11 22:12 | Comments(0)

打田翠さんの展示1

昨日に続く昼下がりの雨上がり、ローカル線の車窓を流れる何気ない景色に心癒される。ひんやりした秋気が視界の内側を月白のベールで包み込んでいた。薄藍色の山並み、黄色みはじめた丘陵、青々としていた田畑は蒸栗色に染まりはじめている。さあ、紅に染まった美味しい果実の収穫だ。

打田翠さんの展示1_f0351305_18133231.jpg
DM
打田翠さんの展示1_f0351305_18144252.jpg
看板

十月九日、川越市内にあるgallery『うつわノート』さんで最終日を迎えた「打田翠展 ウ゛ィーナスの果実」で後れ馳せながら収穫してきました。

打田翠さんの展示1_f0351305_18130044.jpg
うつわノート
打田翠さんの展示1_f0351305_18162797.jpg
展示風景1

landscapeと呼ばれるシリーズは、箱の中の器体を籾殻に沈め、電機窯で一気呵成に焼成します。酸化か還元かによって景色はガラリと一変するそうです。籾殻の痕跡がシンプルな器体の中に心地好いリズムを打ち出してます。

打田翠さんの展示1_f0351305_18215626.jpg
展示風景2
打田翠さんの展示1_f0351305_18211648.jpg
展示風景3

打田翠さんから直接聞いたのですが、完全に理解しきれていない脳みそは、ドロドロと音もなく脳水の中に融けていきそうです。中学生でも理解できるレベルでお話して下さったのですが。
打田翠さんの展示1_f0351305_18245066.jpg
展示風景4
打田翠さんの展示1_f0351305_18305887.jpg
展示風景5

滲むように広がる貫入やエロティシズム溢れる窯変がうつくしいRAKUと呼ばれるシリーズ、グラデーションが織り成す景色が素敵な練り込み、等々、見所いっぱいのウ゛ィーナス空間がそこにありました。もうこれ以上は食せません。

打田翠さんの展示1_f0351305_18313228.jpg
展示風景6
打田翠さんの展示1_f0351305_18315719.jpg
展示風景7

で、僕が持ち帰った禁断の果実はと言うと、内容は次の記事まで持ち越しなのです。まだ写真に収めてませ~ん :-)


駅ビルの向こうに陽のほとんどが沈み込み、ムクドリの群れが寝床に戻ってくる時間。たっぷり休養したら、次は何処に飛び立とう。








by waninogena2 | 2016-10-09 18:10 | 展示 | Comments(0)

雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編

早朝から降り注ぐ雨、せっかくの休日も持て余してしまう程の曇天。二度、三度と睡魔に弄ばれて、気がつけば直前に迫る正午。顔をパパンと叩いて気合いを入れる。風邪なのか花粉症なのか分からぬまま、鼻をグズグズさせながら忙々と電車に乗り込んだ。


十月八日、雨上がりの学芸大学~祐天寺~中目黒を散策してきました。

雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01494604.jpg
イメージ1

学芸大学駅から閑静な住宅街を抜けた場所にある碑文谷のgallery『うつわ宙』さんで初日を迎えた個展に行って来ました。山梨県北杜市で作陶されている「菊地 勝」さんのイマジネーション溢れる器形と漆喰のようなマチエール、絵画的表現が素敵過ぎなのです。

雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01505674.jpg
入口
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01515914.jpg
看板

ロシアの画家ワシリー・カンディンスキーやスペインの画家ジョアン・ミロ、ドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエやブルーノ・タウトが思い起こされます。

「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」という言葉があります。つまりは、最小限のモノで最大限のモノを表現する「ミニマリズム」、雑念をなくして無になる「禅」のようなものでしょうか。

僕のちっぽけな感性をビビビンッと刺激してきました。一発ノックアウトです。


【菊地勝 展】
会期 2016年10月8日(土) - 10月16日(日)
営業時間 11:00am - 6:00pm
     11日(火)と12日(水)は休み
場所 宙 -sora-



雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01530466.jpg
イメージ2

祐天寺駅と中目黒駅の中間地点にあるgallery『Pond Gallery』さんで開催中の「八代淳子-漆のカタチ」展さんにも行って来ました。

長野県軽井沢町で制作されている「八代 淳子」さんの漆器は、力強さの中に共生する女性ならではの優美さも魅力です。

雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01544969.jpg
入口
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01551848.jpg
展示風景
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01561012.jpg
展示1
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01563665.jpg
展示2
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01570865.jpg
展示3
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01573535.jpg
展示4

補強和紙を活かした繊細な器があればチェーンソーで削り出した豪胆な器もある、フワッとした質感を出すために漆と漆のあいだに炭粉を塗り込めたりと様々な技を駆使して表現されていました。


【八代淳子 ― 漆のカタチ】
会期 2016年10月1日(土) - 10日(月)
営業時間 14:00 - 20:00 会期中無休
場所 Pond Gallery 



雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01584591.jpg
イメージ3
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_01591497.jpg
イメージ4
雨上がりの東急沿線アート散策 うつわ宙 -菊地勝展- 編_f0351305_02004614.jpg
イメージ5


他にも『やきもの長縄』さんでの「福島一紘展」、『アンティークフェア in 新宿』と時間のない中で道に迷いながらもジタバタしてきました。


TURRY'S COFFEEでカフェモカホットで寛いでいると、天地もひっくり返る衝撃の展開が待ってました。なっ、なな、なんと、あの川越のgallery『うつわノート』さんが、2016年10月10日より東京駅からも程近い八丁堀に支店をOPENさせるというのです。ゥヒャー :-O








by waninogena2 | 2016-10-09 01:46 | 展示 | Comments(0)

tocit -トチエット- の帽子1

季節外れの夏日、十月に入ったにもかかわらずまだまだ晩夏の日差しが眩しい。庇の下から空を見上げてみれば、細かく千切れた薄雲が到来を報せてくれている。やはり季節はうつくしき初秋である。


遡る八月十九日、国立新美術館地下1Fにあるミュージアムショップ『SOVVENIR FROM TOKYO』で手にした日差しの中にやさしく浮かぶ帽子です。「垣根千晶」さんがデザインし、尾道市にある「藤井製帽」さんが製作しているbrand『tocit』さんのサラリとした触り心地のペーパーハットです。

「人、モノ、出逢いを大切に紡ぎたいという願いを込めてスタートした」というtocit は尾道市を拠点に活動しています。掛けて飾れるをコンセプトに日常の風景にそっと寄り添う帽子を届けてくれます。

tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12072758.jpg
イメージ
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12080781.jpg
側面1
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12084490.jpg
正面
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12090517.jpg
側面2
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12094158.jpg
背面
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12103094.jpg
ハットピン
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12110948.jpg
ネームプレート
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12113660.jpg
頭頂部
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12120342.jpg
ブランドタグ
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12130925.jpg
リサイズ1
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12134087.jpg
リサイズ2
tocit -トチエット- の帽子1_f0351305_12140721.jpg
リサイズ3

偶然にも売場に立っていたのは垣根千晶さん、選んでいる僕に気さくに声を掛けてくれました。定番である麦藁色を選ぼうとしていたところ、幾つか被る中で一番似合うと言われた灰緑色に急遽変更です。早春から晩秋にかけて長くたのしめそうな使い回しの利く落ち着いた配色の中に、鈍く煌めく真鍮製のネームプレートとピンがアクセントとなって引き締めてくれています。

丁寧な作りに散りばめられた遊び心と育てるたのしみに溢れています。たゆたう時間の中で変化してゆく唯一無二の色や形に出逢えることでしょう :-)








by waninogena2 | 2016-10-04 11:37 | オブジェ | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51
すずきたもつ陶展 1 - 僕..
at 2019-12-17 15:50
すずきたもつ 陶展 - 前記 -
at 2019-12-11 09:41

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧