人気ブログランキング |

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

打田翠さんのオブジェ1

晩秋のはじまりに一つだけもいだヒンヤリとした果実、二ヶ月経った今も一向に色づく素振りを見せない。雪のように白いまま、部屋の片隅で青い朝の光を浴びている。そのうち、陶の猿が頂に登って居座ってしまった。まもなく小禽の出番がやって来るとも知らずに。

打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20252903.jpg
イメージ

新潟に入って早くも十日、日毎に冷たくなる風に身を屈めている。ふと前に視線をやると、室外機の下で斑猫が身を屈めてモゴモゴしている。背を丸めた様はあたかも大きな芋団子のようで僕の気持ちを少しばかり温めてくれた。

打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20320376.jpg
斑猫

十月九日、川越市内にあるgallery『うつわノート』さんで手にした雪白のオブジェです。岐阜県瑞浪市で作陶されている「打田翠」さんの森閑とした朝の含みを帯びたかのような磁土の塊です。

打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20584826.jpg
イメージ


実際にお話してみて、打田翠さんの中で何かが変わりつつあるように感じました。近年、自然の力が創り出す器肌の変化(窯変)に注力されています。


「此まで主に取り組まれてきた練り込みや磁土のオブジェは、自
らのイマジネーションの中に追求する美しさ、言うなれば必然性優位の美。」「此度の個展で主に取り組まれたRAKUやlandscapeは、自らのイマジネーションの外に追究する美しさ、言うなれば偶然性優位の美。」勿論、どちらの美も積み重ねた研鑽があってはじめて成せる業なのです。


何度も叩きつけて磁土に含まれる空気を抜いて馴染ませたあと、生まれたイマジネーションに任せて形にしていきます。打田翠さんはこの作業が好きだと言います。オブジェを作ることは慣れ親しんだ作業が故の安心があるのかも知れません。写経や座禅にみる無の境地がそこにあるのでしょうか。

打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20151751.jpg

打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20154247.jpg
打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20180212.jpg
打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20182992.jpg
打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20185496.jpg
打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20192281.jpg
打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20214309.jpg
打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20221155.jpg

「思い描いたものを作る、即ち必然。」
「思い描けないものを創る、即ち偶然。」

変わらぬもの、変わるもの、両方を手にした今、作品にどう影響してくるのでしょう。

打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20223976.jpg
磁肌1
打田翠さんのオブジェ1_f0351305_20230778.jpg
磁肌2

過去の必然的作業、現在の必然的作業、同じようでいても何かが大きく変わっているのかも知れません。

ん~、モッツァレラチーズに見えなくもない :-)








by waninogena2 | 2016-11-28 21:00 | オブジェ | Comments(0)

荒川尚也さんのうつわ2

冬の気配を素肌で感じる木枯らし一号が吹きました。世界各地に吹き荒れたトランプ一号の余波にもブルブルなのです。なにごともありませんように。


八月十九日、恵比寿南にあるgallery『Farmer's Table』で手にした吹きガラスのうつわです。京都府船井郡京丹波町で活動されている「荒川尚也」さんの清涼感溢れる蕎麦猪口グラスです。

流星のように散りばめられた気泡が朝の透明な日差しを受け止めてやさしく拡散してくれます。

荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_18585569.jpg
イメージ1
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_18592726.jpg
イメージ2
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_19005496.jpg
正面1
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_19014164.jpg
正面2
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_19001839.jpg
背面1
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_19022616.jpg
背面2
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_19025511.jpg
sign
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_19034197.jpg
口縁
荒川尚也さんのうつわ2_f0351305_19042872.jpg
底面

十年くらい前になるでしょうか。真夏の暑い工房で一心不乱にガラスと向き合う荒川尚也さんの真摯な姿が思い起こされます。炉から吹き出す熱風に滝のように吹き出す汗、ジリジリと焼けるような環境の中で生まれてくる冷たく澄んだグラスやオブジェに夢を見ているようでした。

初夏から晩秋にかけて瑞々しく膨らむ無花果を添えてパチリと記念撮影してみました :-) ウツクシイ








by waninogena2 | 2016-11-09 18:42 | うつわ | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51
すずきたもつ陶展 1 - 僕..
at 2019-12-17 15:50
すずきたもつ 陶展 - 前記 -
at 2019-12-11 09:41

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧