人気ブログランキング |

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あたみ温泉

大分出張三日目、少しばかり仕事が落ち着いてきたので、前以て調べていた『あたみ温泉』に行って来た。温泉地として名を馳せる別府と隣接しているにもかかわらず、なぜか名前はあたみ温泉、気にならない訳がない。大分駅からも程近く(徒歩1~2分)、小道を挟んだこの場所で、この街の移ろいをずっと見つめてきたのだろうか。昭和の香りが匂い立つほどにレトロな銭湯、それこそが、あたみ温泉であった。

あたみ温泉_f0351305_20435325.jpg
建物入口

ガラガラと玄関を開けると、懐かしき昭和の番台が目に飛び込んでくる。が、そこには誰もいない。さて、どうしたものか。

あとから来た常連であろうおじさんは、そんなことにはお構い無くちゃっちゃと裸になって、唸り声をあげながらお腹をポポンと叩きだした。支払いのことを聞いたら、「お兄ちゃん、お代は380円。丁度あったら番台に置いときな。ないなら、そこのインターホンで女将さん下りてくっから。」

あの~、女湯側にあるインターホンに手が届かないんですけど。笑

常連であろうおばさん「わたしが押してやろうか?」
常連であろうおじさん「心配ない、大丈夫だ。」
間髪いれずに、僕「いやいや、大丈夫じゃないです。お願いします。」

10分後、やっとこさ女将さんが下りて来た。んこらしょっと。

女将さん「遅くなってごめんね。380円だよ。」
僕「じゃあ、530円で。」
女将さん「はい、150万円のお釣だよ。」
僕「アハハ。」

そんなやり取りは幾つになっても楽しい。気持ちは和んでほっこり、身体は板張りのひんやり床でぶるり、束の間の小さな昭和がここにある。

あたみ温泉_f0351305_20441663.jpg
番台周り

1956年(昭和32年)創業、玄関周りの豆タイルや飴色の空間、総板張りの美しい床とタイムスリップ要素がそこかしこに今でも点在中。

あたみ温泉_f0351305_20443408.jpg
イメージ1

飴色のパタパタ靴箱と総板張りの味わい深い床が最高。数字ロッカーは塗り直したのだそう。これはこれでチープなレトロ感。

あたみ温泉_f0351305_20445471.jpg
イメージ2
あたみ温泉_f0351305_20451217.jpg
イメージ3

加水、加温、循環及び入浴剤、消毒剤なしの天然温泉100%かけ流し。琥珀色のトロリ温泉は「モール泉」と呼ばれる希少な極上泉質。お肌しっとりツルツル美人の湯。

「あつめのお湯」と「ややぬるめのお湯」の2槽式、職人がコテで作っためずらしい鯉の口からドボドボと湯量もたっぷり。

水色タイルと琥珀の湯、湯の花が相まって、夜のブルーキュラソーのような湯の色。僕の脚もゆらゆらと湯面に見え隠れする、気分はまるで昭和の水曜スペシャル探検隊。

あたみ温泉_f0351305_20453449.jpg
イメージ4
あたみ温泉_f0351305_22214625.jpg
イメージ5
あたみ温泉_f0351305_20460473.jpg
イメージ6
あたみ温泉_f0351305_20463607.jpg
イメージ7

懐かしのカランは「赤→湯、黄→水」と蛇口も別々、シャワーなんて便利なものはない。ケロヨンの黄色い洗面器、ヴィンテージのマッサージ機、ゆる~いお客さん、これでもかとばかりに人情たっぷり昭和の温泉。

帰り際、あたみ温泉の由来を訪ねたところ、「知らないねえ、温泉と言えば熱海だからなのかねえ、先代から聞くの忘れちゃった。あの世だからもう聞けないねえ。」

「こっちにはいつまで居るの?明日もまた来ておくれ。」








by waninogena2 | 2017-01-27 20:42 | 旅行と散歩 | Comments(0)

生活工芸と作用の展示

昨夜、神楽坂駅目前の商業施設内にあるスペース『la kagu 2F soko』で開催中の「生活工芸と作用」を見てきました。

生活工芸と作用の展示_f0351305_20363565.jpg
イメージ
生活工芸と作用の展示_f0351305_18555039.jpg
看板

1920年代から2010年代へと続く生活工芸派(と言うらしい)。特色として「自我の最小化と器の彫刻化(彫刻の器化、ではなく)」

生活工芸と作用の展示_f0351305_18584107.jpg
展示風景1-1
生活工芸と作用の展示_f0351305_19033505.jpg
展示風景1-2

その器を物におきかえると、小林和人さん(OUTBOUND)の唱える作用派(と言うらしい)。の作品の特色になるのではないか。

生活工芸と作用の展示_f0351305_19012202.jpg
展示風景2-1
生活工芸と作用の展示_f0351305_19052579.jpg
展示風景2-2

両様の作をくらべてみたいとの思いを発端とした企画なのだそうです。切り口や視点が面白く是非見ておきたいとの思いから、はやる気持ちをおさえて神楽坂の地に降り立ちました。

結論から言いますと、消化不良になってしまいました。。

生活工芸と作用の展示_f0351305_20062055.jpg
イメージ

拝聴していないので本当のところは分かりませんが、十八日に行われた『ギャルリももぐさ』の「安藤雅信」さん・『gallery yamahon』の「山本忠臣」さん、『OUTBOUND』の「小林和人」さん・『Gallery SU』の「山内彩子」さんの対談に、この企画の全てがあったのではないでしょうか。そう思えてなりません。

生活工芸と作用の展示_f0351305_20210975.jpg
郡司慶子さん
生活工芸と作用の展示_f0351305_20231284.jpg
水田典寿さん

力量ある作家の作品の一つ一つはとても素晴らしく一見の価値ありです。ただ、一般galleryの常設展示の風呂敷を広くしただけとの感も否めません。この作品は買えるのかな、手に取っても良いのかな、と誰もいない空間でキョロキョロしていました。

「話を聴かなくても分かる」と言う人もいるでしょうが、僕にはない視点からの景色をもっと深くまで見つめてみたかったのです。もっと早い時間や週末に行けばまた違うのかも知れませんが。。

生活工芸と作用の展示_f0351305_20242036.jpg
イメージ

色々と思うところはありつつも、一番小さな銀彩スプーンを買って帰りました :-) カワイイ

工芸青花7号でも特集されるそうなので、詳しく知りたい方は読んでみた方が良さそうです。


【青花の会 | 展覧会 生活工芸と作用】
期間 : 2017年1月18日(水) - 2月15日(水)
時間 : 11時 → 20時半 (最終日18時) | 無休
会場 : la kagu 2F soko
出展 : 生活工芸 - ギャルリももぐさ | gallery yamahon
    作用-OUTBOUND | Gallery SU















by waninogena2 | 2017-01-21 18:54 | 展示 | Comments(0)

熊谷峻さんの展示1

二十四節季の一つ「大寒」にあたる一月二十日、八丁堀にあるgallery『pragmata』さんで初日を迎えた「熊谷峻」さんの個展へ行ってきました。

熊谷峻さんの展示1_f0351305_16070280.jpg
熊谷峻さんのFBから抜粋
熊谷峻さんの展示1_f0351305_16053123.jpg
ビルを見上げて

極まる冷気が寒さをつのらせるこの時期に、「敢えてガラス作家をぶつけてくるのか」と思いつつ、期待と不安を抱きながらビルを見上げていました。

熊谷峻さんの展示1_f0351305_16084905.jpg
DM
熊谷峻さんの展示1_f0351305_16122359.jpg
イメージ

ポカポカの室内に流れるゆるやかなinstrumental music、鼻をくすぐるシナモンのやわらかな匂いに包まれながら、作品を一つ一つ拝見させて頂きました。

熊谷峻さんの展示1_f0351305_16242982.jpg
展示風景

七十二候では、蕗の薹が蕾を出すという意味の「款冬華 (ふきのはなさく)」にあたります。フラットで透明なガラスは冷たい印象ですが、熊谷峻さんのガラスは温かい印象で、どことなく土の匂いがするのです。

鋳物の技法から生まれた作品の表面は無数の凹凸がポコポコと手のひらに心地好く、陶土との融解から生まれるマチエールは白炭の表面に付いた消粉のようです。時折、ガラスの中にまで入り込んだ陶土が内に含んだ光を外に向けて鈍く放ちます。

鋳型に溶けたガラスを流し込み鉱物を落とします。底まで辿り着いた鉱物は、対流に乗って尾を引きながらガラスの中を染めていくのです。混ぜた珈琲の中に落としたミルクの変化を思い浮かべると近いのかも知れません。

熊谷峻さんの展示1_f0351305_16101848.jpg
イメージ

最終的に作家の手を離れて生まれる作品は、どこか荘厳な空気を纏っています。

熊谷峻さんの展示1_f0351305_16132792.jpg
イメージ


富山の地で培った技術と精神は種子となり作家の中に落とされました。生まれ故郷の秋田に戻りうまく芽吹かせることが出来るでしょうか。作家の起こす新たな対流が種子の成長を促し、芽吹く子葉が素敵な色でありまりますように。

本葉がひらくのはもう少し先の未来のようです :-) タノシミ~


【Silica Somnii 熊谷峻 展】
場所 : pragmata
会期 : 1.20 fri. - 1.29 sun.
時間 : 12:00 - 19:00
    最終日のみ12:00 - 18:00
    展示期間中無休








by waninogena2 | 2017-01-21 13:34 | 展示 | Comments(0)

岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿の展示

酉年を迎えてはじめて襲来した最強寒波、あまりの冷え込みに息も絶え絶えでピーチクパーチク鳴いていました。いつまでウダウダしてても埒が明かないことを悟った僕は、モコモコの防寒着を身に纏い下界へと飛び出しました。

岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿の展示_f0351305_22452019.jpg
外観
岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿の展示_f0351305_22455306.jpg
フライヤー

東急多摩川線の鵜の木駅から程近くにあるgallery『Hasu no hana』さんで開催されている「Dialogue in Silence 岩谷雪子/小方英理子/水田典寿」を体感して来ました。これまでに紹介された作品の吸収、消化を目的とし、より深く作家を知る為の期間であり、取扱作家を中心に各々のコンセプトの他、作品が持ち合わせている側面を新たにキュレーションし紹介されています。

甘砕きで喉元を通したものを、再び咀嚼し直し、気持ちの中により深く吸収させることが目的なのだそうです。なんだか牛の反芻のようですね。

岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿の展示_f0351305_22475505.jpg
展示風景1
岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿の展示_f0351305_22483171.jpg
展示風景2
岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿の展示_f0351305_22490198.jpg
展示風景3

それぞれに異なる静けさを持つ作品、その根底には重なり合うものがあるようです。自然への畏敬と生命の儚さを託した異形表現、内側に含まれたものを掻き出すように貌にする表現、自然物と人工物の狭間を模索する探求表現、一つの空間の中で共鳴し合いながらも、それぞれが確かに自立し、更には共存共栄まで成し得ていました。

岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿の展示_f0351305_23140840.jpg
イメージ

今回、手にしたのは、「岩谷雪子」さんのコセンダングサと犬の毛のオブジェです。線と球体のみの単純な構成にもかかわらず、ヒシヒシと伝ってくる緊張感が溜まりません。一見して脆弱そうに見えるものでも、この世界に存在する限り弱いものはいない、そんな声が聴こえてきそうです。化学の元素図のようでもある異形は、単純に可笑しくもあり、思慮深くもありました。作家の狂気の断片が、この小さなオブジェの中に無数に散りばめられているのです。

植物のみでなく、動物にも着目し始めた頃に制作された点を踏まえてみても、作家の動向を知るうえでとても興味深い作品です。


【Dialogue in Silence 岩谷雪子 / 小方英理子 / 水田典寿】
2017年01月14日(土) ~ 29日(日)
open : 月・火・水・土・日 16時 ~ 21時
close : 木・金
入場料 : 無料
会場 : Gallery Hasu no hana
※展示室の奥側スーペースは談話&foodを楽しむコーナーになってます。


次から次へとただ流すのではなく、一度立ち止まって振り返ってみたり、しゃがんで足元を見つめ直してみたり、新たな気付きに出会えることでしょう。一人の作家のみでは成し得ないであろう空間の妙を体感できる企画です。

非日常の向こうにある日常を体感してみよう :-)








by waninogena2 | 2017-01-14 21:25 | 展示 | Comments(0)

光風動春

晴天続きの二〇一七年、光と風が新しい春を運んでくれることでしょう。素敵なご縁を結ぶ為に今年も奔走します。どうぞ宜しくお願いします :-)

光風動春_f0351305_13581145.jpg
YEAR OF THE ROOSTER

by waninogena2 | 2017-01-02 13:57 | うつわ | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51
すずきたもつ陶展 1 - 僕..
at 2019-12-17 15:50
すずきたもつ 陶展 - 前記 -
at 2019-12-11 09:41

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧