人気ブログランキング |

<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編

見知らぬ町の見知らぬベッドでみた夢もほんの数秒で忘れて、目覚めついでにトロトロの源泉でゆったりと。蓄積した乳酸のせいかなんだか全身がダルい。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22031266.jpg
四角い水辺

原鶴温泉「ホテル伊藤園」で迎えた朝、眠い目を擦りながらいただいた地元食材を使ったシンプルな朝御飯。新鮮な食材はやっぱり美味しい。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22043657.jpg
朝御飯

ご好意で駅までの道程を車でプチ観光。「道の駅 原鶴バサロ」で新鮮な果実と山菜おこわを買い込み、古い町並みをブッブッブーと駆け抜ける。途中、オススメの『ぱんのもっか』さんで再び買い込み、心やさしいオーナーさんとここでお別れ。ホット珈琲を片手に、日差しが燦々と降り注ぐカフェテラスで澄んだ朝の空気を胸いっぱいに吸い込んだ。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22050614.jpg
ぱんのもっか
うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22052911.jpg
カフェテラス
うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22054889.jpg
胸いっぱいの贈り物

店内に飾られた「関昌生」さんの可愛いワイヤーアートに目が留まる。オーナーさん「アートはよく分からんけどなんか良いね。」僕も思わずニッコリ。こんなやり取りが楽しい。

膨らんだスーツケースをゴロゴロと転がしながら、目的地に向かう途中の水路で見つけた名もなき石仏。移ろう時間の中で風と水と光にゆっくり砕かれ、顔も肢体も朧気で抽象的な姿が尚もうつくしい。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22082745.jpg
名もなき石仏

『MINOU BOOKS & CAFE』で半刻だけの読書会(世間では立ち読みと言う)、視界の中に「山口和宏」さんのチーズボードを挟みながら。

この旅の最終目的地、筑後吉井駅から徒歩圏内にある小さな一軒家のgallery『古道具 四月の魚』さんへ。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22000308.jpg
四月の魚

1930年代、とある医師によって趣味を兼ねて設計されたこの建物。高い天井は格子に組まれ、大きな採光窓はやわらかな光を手元に届けてくれます。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22004562.jpg
庭から
うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22010845.jpg
玄関

世界に散りばめられたくすみの中から微かに放つ光の原石を見つけ出す。子供のころ、公園の土を掘り、水を加えて、固めた泥団子。土を選び、捏ねる、磨く程に艶を増し、やがて妖しい光を放ち出す。生きていく中で意味のないモノにこんなに夢中になれるのは何故だろう。他人にとって意味はなくても、僕にとって意味のあることなのかも知れない。ゆるくて楽しい逸品探し。その眼差しは真剣そのもの。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22014457.jpg
店内1
うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22020190.jpg
店内2

時間を掛けてゆっくり選んだのは、芸術家「恩塚正二」さんの黒釉オブジェ(氏曰く、台皿)と、針金作家「関昌生」さんのワイヤーアート数点。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22024840.jpg
展示風景1

スーッと伸びてスッと曲がる、クルクルッと弧を描く、潔いまでのアウトラインが心地好い。重厚すぎない軽やかなこの感覚、独自解釈による面構成、本当に好き。

「真面目に遊ぶってきっとこうゆうことなんだ。」

軟らかさと硬さの同居するお二人の作品は観ていて心地好く、生活の中に小気味良いリズムと潤いを与えてくれる。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22023297.jpg
展示風景2

フェルト作家「関聡子」さんも交えて、あーだこーだと楽しくお話。「なるほど。このお二人だから作れる空間なのか。」フムフムと勝手に一人で納得。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_12002062.jpg
浮遊するオブジェ

お話ついでにちょっとした依頼も。はてさてどうなることやら :-)

電車の時刻も迫り、なにも悪いことしてないのに逃げるようにお店をあとにした。斜め向かいにあるMAKINO BLD 2Fの生活雑貨『reed』は流して見るだけでもう手一杯。小さな町を大きな歩幅で駆け抜けた。

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22085810.jpg
筑後吉井駅1

車窓から流れるうきはの町並みを眺めながら、一欠片のパンを口に放り込んだ :-) オイシイ

うきは市吉井町アート散策4 四月の魚 編_f0351305_22092259.jpg
筑後吉井駅2

追記
近年、のどかな田園風景の広がるこの町に多くの作家を始め、様々な分野の人が移り住んでいます。出会う人、出会う人、誰もがやさしく朗らかで温もりに溢れています。「なにもないは、なにかある。」アート発信地としてももっと面白くなりそうです。








by waninogena2 | 2017-02-27 13:23 | 旅行と散歩 | Comments(0)

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編

『小さな木工所』をあとにして、またもや錆びたミニベロうきはを走る。時には降りて手押しで坂道を行く。地図上だとあまり距離はない、実際に走ってみるとかなり距離がある。通りすぎていないか不安になってしまう。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21011840.jpg
看板1

どうやら通りすぎてはいないようなので、気合いを入れてもう一漕ぎ。マフラー外して、コートのボタンも外す。束の間の小春日和に吹き出す玉のような汗。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21020586.jpg
葡萄畑
うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21023993.jpg
看板2
うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21045083.jpg
看板3

山あり谷あり、葡萄畑の風景に癒されながらしばらくすると看板が見えてきた。右に曲がるとまたもや坂道、喫茶店からgalleryまで一つの町が形成されている。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21052719.jpg
看板4
うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21063512.jpg
ぶどうのたね1
うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21065963.jpg
ぶどうのたね2

息を切らしながら最初に開けた扉は、やはりgallery『ぶどうのたね』さん、所狭しと様々なうつわが並ぶ。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21093466.jpg
展示風景

福岡県うきは市を中心に九州北部~山陰の作家が中心、はじめて目にするものも多く右往左往。ぐるりと一周したところで、気になったものを一つ一つ手にとる。うつくしさと心地好さ、滋味溢れる素朴な味わいが気に入った二つのうつわ。福岡県うきは市の「黒畑日佐代」さんの粉引汲み出しと山口県周南市の「崔在皓」さんの白磁茶碗。うつわの詳細は、またの機会に。

内装も什器も展示も全てが綺麗。あまりにも綺麗すぎて雑多な僕の部屋のイメージとは正反対。良いのか悪いのか日常のイメージが薄れて行く。店員さんの丁寧な説明に耳を傾けながらの品定め。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21052502.jpg
たねの隣り入口

初日の目的を終えたので、一息つこうと『たねの隣り』へ。んー、閉店。。

気を取り直して、坂を下った町の入口にある『自家焙煎 ゼルコバコーヒー』へ。叢とまではいかない緑の陰からひょっこり出てきた黒猫のお出迎え。閉店までまだ1時間。おおきな木の扉を開けて二階へと。吉井町を見下ろす高台にある喫茶店から望む風景に、落ち行く夕日を眺めながらの一杯は格別。芳醇な香りと程好い酸味、ミルクを溢して円やかに。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21070127.jpg
黒猫
うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21084982.jpg
自家焙煎 ゼルコバコーヒー

アンティークの雰囲気を纏う安齋新・厚子夫妻の白磁カップ&ソーサーで。つけあわせの焼菓子も香ばしくホロホロと。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21101828.jpg
本日のおすすめコーヒー

筑後吉井駅の南から北へと帰路につく途中、四月の魚の斜め向かい。オープンして間もない『MINOU BOOKS & CAFE』へ。元魚屋の入っていた古ビルを時間をかけて改装したのだそう。レトロ硝子がうつくしい。

うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21154349.jpg
MINOU BOOKS & CAFE
うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21162495.jpg
看板5
うきは市吉井町アート散策3 ぶどうのたね 編_f0351305_21132973.jpg
キーウィとクリームチーズのマフィン

お腹も温まったところで、冴える月と小さな星の明かりに照らされて錆びたミニベロ蔵の町を走る。

宿に戻ってオーナーさんとのちぐはぐ談義に花が咲く。源泉掛け流しの温泉で一日の汗を流して、明日への鋭気を養う。まだまだがんばるぞー :-) オヤスミナサイ








by waninogena2 | 2017-02-10 20:47 | 旅行と散歩 | Comments(0)

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編

初顔合わせは、ご迷惑を掛けるという最悪の形で実現しました。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_18055266.jpg
記念写真

二月二日正午過ぎ、降り注ぐ日差しにほだされてペダルの回転も滑らかに。木工家「山口和宏」さんの自宅と木工所に約束の時間よりもかなり早く到着しました。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_19003461.jpg
木工所1

場所だけ把握しておこう。自宅らしき建物の前を通ると、大きなガラス張りの向こうで食事をしている人たち。ふと視線を逸らして何事もなかったかのように振る舞うが、時すでに遅し。娘さんが外まで出て来て声を掛けてくれました。

「食事中に本当にすみません。。」

展示スペースへ通され、山口和宏さん、娘さんと婿さん、二才のお孫さんに加えて、犬と猫を含めた家族の皆さんに平謝りのご挨拶でした。あたたかい笑顔に救われたのは言うまでもありません。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_18561697.jpg
展示スペースから

風と水と光と、細く連なる小径の奥に自宅と木工所は建つ。そこにある作家の日常風景。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_18573527.jpg
展示風景1

最前列にある編み込みスツールは婿さんの作品です。改善点があるらしくまだまだ売り物にならないのだそう。木工所に立つようになって三年足らず、豊かな可能性が既に広がっています。これからの楽しみが一つ増えました。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_18581507.jpg
三毛猫

ここで暮らす人には日常すぎて気にならないそうですが、鼻をくすぐる天然のアロマを胸いっぱいに吸い込んで、僕は終始ニコニコしてました。

時間にして120分くらいでしょうか。他愛のないことから他愛のあることまで、勝手に熱く語る僕の言葉の一つ一つに静かに耳を傾けてくれます。穏やかさの中に芯を通した意志のある声で一つ一つ丁寧に言葉を返してくれました。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_18262706.jpg
展示風景2

飾り気のない慈味溢れる人柄が、言葉や立ち居振舞いを通して、スーっと胸に染み入るように伝わって来ます。作品の持つ雰囲気そのものです。

「自己を必要以上に主張せず、自然と生活に溶け込み、いつか無くてはならないモノとなっていく。」そんな人です。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_19084327.jpg
フォーカス

「作品を作るとき、僕はアーティスト寄りではなく、職人寄りになる。アーティスティックな感覚が必要になるオブジェはあまり向いてない。漆のモノも本職の人のようにはうまく作れない。」


不要なモノを極限まで削ぎ落とし、必要なモノにフォーカスすることで、より豊かな生き方に繋がる。less is more. よりシンプルに、明確にすることが、よりよいデザインに繋がる。


山口和宏さんだからこそ出来る仕事があります。誰にも真似の出来ない部分が確実に存在するのです。職人の仕事は、完全に自己を消すプロダクト作業だと僕は考えます。その大きな手から生まれる作品は、一目して山口和宏さんのモノだと分かります。手にすれば、言葉がなくともストンと胸の中に落ちてくるのです。

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_18275551.jpg
展示風景3

うつくしい仕事を見られる機会が大分市府内町であります。


【山口和宏 木工展】
会期:2017.2.17fli_28tue
作家在店日:2.18sat & 19sun
営業時間:12:30_18:30[2.19sun & 最終日は17:00まで]
お休み:2.22wed & 26sun
場所:ta-na


木の器の時間は、陶磁器のそれよりも遥かにながく歴史があります。にもかかわらず、ハレの器に代表されるように、陶磁器のように日常生活に溶け込み切れていないのはどうしてなのでしょう。どうして主役の座を奪われてしまったのでしょう。

使ってみればその良さが分かります。その手軽さが分かります。キズなんて気にせずガシガシ使って、自分だけの器を育ててみよう!

うきは市吉井町アート散策2 山口和宏さんの木工所 編_f0351305_19005682.jpg
木工所2

帰り際、少しだけ木工所を覗かせて頂きました。本当は中までズカズカと入って音や匂いや振動を肌で感じてみたかったのですが、お仕事の邪魔しちゃ申し訳ないので止めておきました。

婿さんが黙々と作業されており、その背中が本当に頼もしかったです。今更ですが、お名前くらいは聞いておくべきでした。。

最後の最後、僕が見えなくなるまで手を振り続けてくれた山口和宏さんの姿が、今も記憶の中にやさしく焼き付いています。


次なる目的地へ向かって、レッツゴー :-) 帰りもまたビューン








by waninogena2 | 2017-02-04 18:52 | 旅行と散歩 | Comments(0)

うきは市吉井町アート散策1 はじまり

こげどもこげども進まない
ピンクのタイヤにお尻を乗せて錆びたミニベロうきはを走る

ペダル10回転 距離10メートル

人も景色も水も風も
ゆるりゆるりと染みてくる

ちいさな時間 おおきな時間

ふりむいた景色のなかに
とんがる心がふわりと融けていく

うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_16241146.jpg
ちくごよしい
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_17571219.jpg
筑後吉井駅舎

二月二日、筑後吉井駅舎は冬の寒さの中にハラリと落ちてきたやわらかな日差しに包まれていた。

うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18051913.jpg
原鶴温泉郷

さあ、宿泊予定の原鶴温泉までレッツゴー!と思いきや、駅員さん曰く、路線バスは出てないとのこと。タクシーでブッブッブーと約10分、筑後川にかかる橋の向こうに温泉郷が小さく広がる。迷路のように入り組む路地に14の温泉施設が犇めきあっている。(牛が三つでヒシメく、丑三つ時だと草木までもが眠り静まりかえることだから日本語って面白い。)

源泉数34本、県内随一の湧出量を誇り、勿論、源泉かけ流し。弱アルカリ性でほんのり硫黄が香る原鶴温泉郷ここにあり。

うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18090755.jpg
吉井町観光案内板
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18062387.jpg
若宮八幡宮
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18102470.jpg
石馬
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18115809.jpg
疎水
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18150177.jpg
河童伝説
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18162990.jpg
祇園さま

宿で自転車を借りて坂道を転げるように、ひなびた温泉郷を抜け出した。僕の相棒、ピンクタイヤの錆びたミニベロ。ちりりんベルもなければ、ピカッとライトもない。

迷い風に流されながらのんびり向かったのは、吉井駅から少し離れた山あいにあるgallery『器とくらし テカラ』さん。

うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18195630.jpg
看板
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18204493.jpg
器とくらし テカラ

ぽかぽか陽気にもかかわらず、なんだかあやしい雲行き。

はい、臨時休業。。。

うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18241565.jpg
扉に貼紙
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18244914.jpg
がーん

動揺を隠しきれないでいると、怪訝な顔した白猫が硝子の向こうで「お気をつけて~。」と言わんばかりにお見送り。

うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18225792.jpg
おやおや
うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18232734.jpg
こんにちにゃ

帰りは上った分だけ下ってく。ビューン

うきは市吉井町アート散策1 はじまり_f0351305_18264316.jpg
風景

気を取り戻して、次に行ってみよう。この旅の目的の一つ、僕が小学生だった頃から30年もの月日を製作に打ち込んでいる木工家「山口和宏」さんの木工所へ。レッツゴー :-O








by waninogena2 | 2017-02-03 16:16 | 旅行と散歩 | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2020年 04月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-04-01 15:57
箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-02-28 20:38
すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧