人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク

流れてくるピアノの旋律が、ドアの隙間から入ってきた冷気を一ヵ所に留めることなく緩やかに循環させている。冬の渇いた朝に聴く音は濁りも少なく直線的に耳へと届けられる。日中になると途端に僕の声が届かなくなる。通る声が欲しい。子供の頃から抱いている拙い僕の夢。
聖なる夜に、新年の祝賀に。そんな食卓のイメージ。
浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_15441325.jpeg
染付兎文分銅型皿/浜野まゆみ
W161~164 D101~103 H29~30

染付鳥文3寸皿/浜野まゆみ Φ102~104

箸/小倉広太郎 (私物)

飴釉箸置/塩鶴るりこ

ワイングラス/MOSER チェコ 19世紀末頃
リムΦ63~64 フットΦ56 H117

リヨンシルクの端切れ/フランス 18世紀頃
W290 D210~220

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14581235.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14524592.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14532310.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14582769.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14584025.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14535086.jpg

染付三ツ丸文六角皿/浜野まゆみ
一辺75~77 対角線150~155 H30~32

染付鳥文3寸皿/浜野まゆみ
Φ102~104

箸/小倉広太郎 (私物)

朝鮮唐津箸置/塩鶴るりこ

ワイングラス/イギリス 1830年頃
リムΦ65 フットΦ67 H134

リヨンシルクの端切れ/フランス 18世紀頃
W290 D210~220

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_15032694.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_15033908.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_15035021.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14540625.jpg

浜野まゆみさんのうつわとアンティーク_f0351305_14542230.jpg








by waninogena2 | 2018-12-17 14:51 | うつわ | Comments(0)

浜野まゆみさんのうつわ 其の参 2018.12.10

引き続き北風の舞う文京区千駄木地区。通りを行き交う人はマフラーが必須。斯く言う僕もマフラーが手放せない。足元には小型電気ストーブまで準備する始末。こんなことで、冬本番の年末年始、1月、2月と乗り切れるのだろうか。アンティークドアの隙間から吹き込む風が身に染みる。声を出して体温上げていこう。
浜野まゆみさんのうつわ 其の参 2018.12.10_f0351305_13203632.jpeg
染付鳥文3寸皿 Φ102~104
おまけ イギリスから持ち帰った古い木製どんぐり型オブジェ

佐賀県唐津市で作陶されている陶芸家・浜野まゆみさんの小皿のご紹介です。縁には初期伊万里によく見られる七宝繋ぎ、見込みに五羽の鳥が描かれています。

浜野まゆみさんのうつわ 其の参 2018.12.10_f0351305_13152662.jpg

七宝文様は、古くは四方襷とも呼ばれ四方が七宝へと変化したとされます。それらを繋ぐことで無限に広がる平和や子孫繁栄、円満や調和を意味するとても縁起のいい意匠です。

浜野まゆみさんのうつわ 其の参 2018.12.10_f0351305_13245355.jpg

浜野まゆみさんのうつわ 其の参 2018.12.10_f0351305_13155222.jpg

七宝とは仏教の言葉で、「金、銀、瑠璃(青い宝石)、玻璃(水晶)、シャコ貝、珊瑚、瑪瑙(縞状の鉱物)」のことを指し、世界中の宝物を表します。

浜野まゆみさんのうつわ 其の参 2018.12.10_f0351305_13263997.jpg

鳥は古来より、羽を羽ばたかせながら縁や幸運を運んでくる縁起のいい意匠です。五は、神様の数字と言われることも。

浜野まゆみさんのうつわ 其の参 2018.12.10_f0351305_13154044.jpg








by waninogena2 | 2018-12-15 13:13 | うつわ | Comments(0)

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10

北風の強く吹く中、オープン直後から骨董やアンティークに興味のあるお客様が続きました。ご来店の陶芸家と腰を据えて話し込む箒星店主を尻目に、落ち着かないGlory店主はてんやわんやでした。今も、明日からの大和プロムナード古民具骨董市に向けた荷造りでてんやわんやしております。
浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_18013308.jpeg
染付兎文分銅型皿 W161~164 D101~103 H29~30

佐賀県唐津市で作陶されている陶芸家・浜野まゆみさんの分銅型の染付皿のご紹介です。金や銀の重さを計る分銅は、富を象徴する意匠とされています。

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_18025558.jpg

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_18031186.jpg

表面には、青海波の地紋に、兎や桜。裏面には、梅があしらわれています。吉祥文様に尽くされたとても縁起のいい一枚です。

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_17412934.jpg

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_17560021.jpg

古伊万里に見られる陶石には、複雑な型でないと上手く抜けないものもあるそうです。普通なら丸型が角型が抜き易いと考えるのですが、自然に即した造形とは一味違うものなのかも知れません。古伊万里に面白い造形が多く見られるのはこの為でしょうか。

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_17561240.jpg

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_17481799.jpg

無理のある形とは違い、無理のない形には歪みが生じ難かったのでしょう。自然に即した造形と職人の意匠が重なることで、現代にも繋がる至高の美が生まれたようです。

浜野まゆみさんのうつわ 其の弐 2018.12.10_f0351305_17414571.jpg








by waninogena2 | 2018-12-14 17:59 | うつわ | Comments(0)

浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10

雨上がりの静かな水曜日。前の通りを歩く人もまだまだのんびりムードが漂っている。2018年も残すところ3週間足らずなんてとてもじゃないけど思えない。まだまだ始まったばかり!
浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16062087.jpeg
佐賀県唐津市で作陶されている陶芸家・浜野まゆみさんの古伊万里に触発された染付三ツ丸六角皿のご紹介です。古来より吉祥文様として用いられる丸を三つ配したとても縁起のいい皿です。

浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16095577.jpg
染付三ツ丸文六角皿
一辺75~77 対角線150~155 H30~32

三つ丸を単色にしたのには理由があります。正面を決めることなく和食にも洋食にも対応出来るようにと含みを持たせているのです。

浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16080907.jpg
浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16084280.jpg
浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16085583.jpg

見込みにある陽刻の地紋は、浜野まゆみさんの好きな古九谷の楠木谷窯が得意としていた草文様で、中国伝来の唐草文様にも似ています。

浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16091367.jpg

高台まわりをぐるりと囲んだ二本のラインが引き締まった印象を与えてくれます。清廉な気持ちで新年を迎えられそうです。

浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16092964.jpg
浜野まゆみさんのうつわ 其の壱 2018.12.10_f0351305_16094214.jpg








by waninogena2 | 2018-12-12 16:04 | うつわ | Comments(0)

山口和宏さんのうつわとアンティーク

季節外れの陽気の続く水曜日。オープンと当時に、遠方からお客様です。何やら朧気な会話がGloryから箒星へとポロポロこぼれ落ちて来ます。

大家さんからは、何故か間違い電話が掛かって来て。どうやらお隣のカフェで水道に問題が起きていたようです。。間もなくすると玄関口に佇む配達員から暖房器具を渡されて。明日あたりから使えそうな気もします。

いつもと変わらぬ何気ない普通の水曜日のはじまりです。
山口和宏さんのうつわとアンティーク_f0351305_11104262.jpg
リム□皿(栗)/山口和宏
W242 D178

福岡県うきは市吉井町で制作されている木工家・山口和宏さんの木の皿です。今夏、同じ吉井町内にご家族でjingoro cafeをオープンされました。

緻密に計算されたシンプルな形は、乗せるものの洋の東西を問いません。木肌と手跡を生かした素朴な表情は、使い込む程に深みを増していくのです。

日々のパン皿として馴染ませた後、サラダ、肉料理へと移行することをお薦めします。最終的に何でもござれの万能皿へと変遷する様をお楽しみ下さい。フォークやナイフの傷も気にすることなく、ガシガシ使うことで取って置きの一枚に仕上げてみては。
山口和宏さんのうつわとアンティーク_f0351305_11105756.jpg
レーマー杯(レーマーグラスとも)
ドイツ 1800年頃 Φ61(高台) H127
山口和宏さんのうつわとアンティーク_f0351305_16241084.jpeg
山口和宏さんのうつわとアンティーク_f0351305_16213157.jpg
15~16世紀頃からドイツで作られるようになり、次第にオランダにも伝わり広がったそうです。一般的に太いステムと卵型、あるいは樽型のカップ部分からなるワイングラスを意味します。ステム部分に施されたプランツ(滴型記章)と呼ばれる突起状の飾りは、食物を鷲掴みした油だらけの手でもグラスが滑らないように工夫されたものだと言われています。
(Gloryの店主談+幾つかの文献より)

コルクスクリュー/イギリス 1900年頃
W91(ハンドル部分)
D113(ハンドル~スクリュー先端)
ハンドル部分に難あり

おまけ
イギリスから持ち帰った古い木製どんぐり型オブジェ
山口和宏さんのうつわとアンティーク_f0351305_11110895.jpg
山口和宏さんのうつわとアンティーク_f0351305_11205101.jpg
山口和宏さんのうつわとアンティーク_f0351305_11210592.jpg
2019年3月、山口和宏 木工展を僕がはじめたちいさな展示所 箒星 において開催します。おたのしみに :-)








by waninogena2 | 2018-12-05 11:10 | うつわ | Comments(0)

菊地勝さんの注器

ひっきりなしに和装・洋装を問わず正装された紳士淑女のお客様が続く。近隣で何か催しでもしてるのかと思うくらいに。
普段はリュックを背負った街歩きやトレッキングスタイルの方も多く、これだけ正装ばかりなのも珍しい。こんなことならもう少し気張って一張羅にしとけば良かったと思ったり。

そうこうしてるうちに、正装ブームは過ぎ去り、普段着ブームがやって来た。服装はどうあれ、共通してお話好きの方が多い。そんな日曜日。

冷静に思い返してみると、僕が一方的に話し続けていただけなのかも知れない。そんな昼下がり。そろそろ、のんびりティータイム。
菊地勝さんの注器_f0351305_15371088.jpeg
山梨県北杜市で作陶されている陶芸家・菊地勝さんの立体彫刻のような白化粧の注器。只々、そこに存在するだけで何だか嬉しくなってくる。

「四の五の言わず、手に取ってみろ。至極単純なそんな答えがあっても良いじゃないか。」そう思えてくる。

菊地勝さんの注器_f0351305_14301904.jpg
注器/菊地勝 W135 D86 H90

ひだ豆皿/角田淳 Φ91

ティーボウル/BOCH FRERES Φ76
1850年頃(ベルギー)

菊地勝さんの注器_f0351305_14303645.jpg
菊地勝さんの注器_f0351305_15343572.jpg
菊地勝さんの注器_f0351305_15345568.jpg
菊地勝さんの注器_f0351305_15350436.jpg
菊地勝さんの注器_f0351305_15342185.jpg


by waninogena2 | 2018-12-02 14:29 | うつわ | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2020年 04月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-04-01 15:57
箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-02-28 20:38
すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧