人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

煎茶と花 - 後記 -

煎茶と花-九人展-は、6月16日(日)を以て無事に会期を終えました。見聞きしたこと体験したことは移ろいながらも確かな習慣へと。この感覚はこの先何処へ繋がっていくのでしょうか。
煎茶と花 - 後記 -_f0351305_00004682.jpeg
本展は、日本人にとって最も馴染みのあるお茶の1つ、煎茶を主題とした座辺の中にある大切なモノを探す企画でした。

身近なものであるにも関わらず、難しく捉えられて時には敬遠すらされているようにも感じていました。明確な答えは出せていませんが、事実は違っているのかも知れません。

煎茶と花 - 後記 -_f0351305_23460336.jpg

煎茶道は、中国明代の文人趣味に始まり、江戸初期に日本に伝えられました。黄檗宗の僧でもあった売茶翁によって方向づけされ、形骸化していた茶道に辟易していた文人墨客たちの間に広まりました。精神の世界であり風雅な世界でもあるのですが、一般への普及に伴って形式化されてきたのも事実です。

草花を愛でながら只々煎茶に親しみたい。ゆるりと流れる時間の中になんとなく身を委ねていたい。そんな想いから、本展では形式的なモノから解放された感覚的なモノとしての造形を九人の作家に依頼しました。苦労を重ねた先に生まれてきたモノは、僕の心を芯から鷲掴みにしてくれたのです。

北大路魯山人の言葉に「坐辺師友」というものがあります。
優れた人・モノに囲まれて生活しているとその心をおのずと学びとることができる。
生活の中の道具は自分と一体化し自分の空気でなければならない。
自分の周りのすべてが師であり、友である。

そんな想いを知ってか知らずか、お客様は1つ1つに触れながら眺めながら感覚で選ばれていたのがとても印象的でした。既にお持ち帰り頂いたモノをゆるりと愉しまれている方もいらっしゃることでしょう。その1つ1つを思い思いに見立ててふとした瞬間に使って下されば幸いです。

この場を借りて皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

煎茶と花 - 後記 -_f0351305_23461440.jpg

煎茶と花 -九人展-
会 期:2019年6月8日(土) - 6月16日(日)

大村剛  (福岡県うきは市)
小野陽介 (栃木県益子町)
岸田匡啓 (佐賀県唐津市)
黒畑日佐代(福岡県うきは市)
白岩大佑 (北海道函館市)
鈴木美雲 (山形県山県市)
橋爪香代 (福岡県八女市)
丸田宗一廊(佐賀県武雄市)
吉田崇昭 (福岡県筑紫野市)
画 内野隆文(サラリーマン画家)
WS 小幡一樹(日本茶インストラクター)

煎茶と花 - 後記 -_f0351305_23580167.jpg
煎茶と花 - 後記 -_f0351305_23590575.jpeg

やわらかな野の花を一輪
朝露に濡れたしずかな窓辺に腰掛けて
水屋に並んだ茶壺から今の気分を取り出してたっぷりの湯を注ぐ
たのしく おいしく ここちよく

心をほどく野の花と淹れたての芳醇な新茶
甘露のようなひとときにふわりと笑みがこぼれてゆく

九人の作家による手仕事の煎茶の道具
くつろぎの形が此処にある

煎茶と花 - 後記 -_f0351305_23462406.jpg

【黒畑日佐代's】
本展を象徴するような感覚的な造形の汲み出しと茶托








by waninogena2 | 2019-06-28 23:42 | 展示 | Comments(0)

煎茶と花 - 茶器の章2 -

梅雨もそろそろ本番かなと痛感している頃、煎茶と花の作品も順次作家の元へと戻しております。常設展と企画展の作品が半々と言ったところでしょうか。季節が移ろうように、企画展から常設展へと移ろいゆく箒星です。
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_19154516.jpeg

【小野陽介's】
両手に包んでフリーボウルとしても。色味を飛ばしたコバルト釉と濁りのある白釉、どちらの感覚に惹かれるのでしょう。

煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22384005.jpg
丸くみだし(コバルト釉)/sold out
花器(コバルト釉)/
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22385545.jpg
丸くみだし(白釉)/
花器(白釉)/


【岸田匡啓's】
煎茶に対して各々の解釈から形と表情が生まれてきました。唐津の陶芸家らしく得意の酒器からの見立てです。

小さな酒杯を中国・台湾の茶杯に見立てる人が居るように、大きめの酒杯を煎茶杯に見立てても楽しいのではないでしょうか。

見立て1つで世界が変わる。

煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22353775.jpg
黒唐津片口/
絵唐津ぐいのみ(四方)/
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22361104.jpg
斑唐津片口/
青斑ぐいのみ(たち)/sold out
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22362846.jpg
黄唐津片口/
灰粉引輪花ぐいのみ(そば)/
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22364529.jpg
唐津片口/sold out
黄唐津輪花ぐいのみ
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22365829.jpg
黄唐津片口/
割高台ぐいのみ


【鈴木美雲's】
掘り起こした原土で一気呵成に轆轤を挽いています。荒々しいまでの表情ですが、手のひらにやさしくコロンと収まるのです。

煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22391766.jpg
茶海 大・小
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22445281.jpg
茶海 小/
粉引茶杯/
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22450517.jpg
茶海 大/
粉引茶杯/


【吉田崇昭】
器胎にうっすらと流れる釉垂れ呉須の絵付けが粋な茶杯と花器です。草花を愛でながら冷茶を汲み出せば、これから迎える酷暑も涼やかに過ごせそうです。

煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22373164.jpg
染付茶杯/sold out
染付花枝文花器/
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22375262.jpg
染付茶杯/
染付唐草文花器/
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22380445.jpg
染付茶杯/sold out
染付唐草文花器/
煎茶と花 - 茶器の章2 -_f0351305_22381962.jpg
染付茶杯/sold out
染付唐花文花器/








by waninogena2 | 2019-06-22 22:33 | 展示 | Comments(0)

煎茶と花 - 茶器の章1 -

バタバタしていた9日間も終わりようやく落ち着きを見せてきました。ご来店のお客様に折を見て新茶を淹れております。味については美味しかったりそうでなかったり。いわゆる実験台になって頂いている次第です。茶葉が変わると味も淹れ方も変わるように、急須が変わっても同様のようです。
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_01011938.jpeg
焼〆急須/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
焼〆茶入れ/sold out


【大村剛's】
慌ただしい日常、たとえ僅かな時間だとしても煎茶を楽しむゆとりを持てたなら。近年では、中国、台湾、香港からの引き合いもある一見すると金属のような風格ある表情の茶器。

煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19372339.jpg
キュウス(あお)/130cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19374715.jpg
色絵ポット(みどり 小)/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19380193.jpg
色絵ポット(みどり 大)/250cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19381598.jpg
耐熱横手キュウス/260cc(茶漉しが浸る位置の分量)


【吉田崇昭's】
煎茶を少量でなく、たっぷりと飲みたいときありませんか。そんな時これくらい容量があると助かります。玉露には向かないかも知れませんが、煎茶だけでなく茎茶(白折や雁ヶ音)や番茶(成長して硬くなった葉)、それらを焙じたほうじ茶に。

煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19395045.jpg
染付立涌文ポット/350cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19400746.jpg
染付算木崩し文ポット/350cc(茶漉しが浸る位置の分量)


【橋爪香代's】
古来より焼〆の無釉茶器は渋味を減らしお茶を美味しくすると言われています。旨味成分の凝縮されたまるい味は心も円くしてくれることでしょう。

煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19403173.jpg
焼〆急須 大/300cc(茶漉しが浸る位置の分量)
焼〆急須 小/190cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19404522.jpg
焼〆急須 大/300cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_00071401.jpg
白磁ポット/210cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19410234.jpg
焼〆ポット/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)


【白岩大佑's】
師である常滑の急須作家・小西洋平さん譲りの伝統と革新の技術に裏打ちされた茶器は、1つ1つが光輝く宝石の様です。

眺めていると表面に様々な装飾が施されているのが分かります。1人だとたっぷり、2人だと程好く楽しめる分量で見た目以上に容量が摂れるのも魅力です。

煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19184627.jpg
焼〆急須/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
染つけ五角茶杯(共箱)/丸田宗一廊/sold out
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19190294.jpg
焼〆急須(茶丸)/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19182928.jpg
焼〆急須/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19193175.jpg
焼〆急須(青)/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)/sold out
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19191747.jpg
焼〆急須/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19203878.jpg
焼〆急須(後ろ手 青)/140cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19205483.jpg
焼〆急須(後ろ手 青)/140cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19210871.jpg
焼〆急須(後ろ手 白)/150cc(茶漉しが浸る位置の分量)

茶釜や壺等を型どった横手急須5種です。造形の愛らしさは遣い手の気持ちをワクワクさせてくれます。

煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19213451.jpg
焼〆急須/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19214876.jpg
焼〆急須(台形)/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19221303.jpg
焼〆急須(青)/210cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19223466.jpg
焼〆急須(緑)/170cc(茶漉しが浸る位置の分量)
煎茶と花 - 茶器の章1 -_f0351305_19225842.jpg
焼〆急須(青)/200cc(茶漉しが浸る位置の分量)








by waninogena2 | 2019-06-20 19:36 | 展示 | Comments(0)

煎茶と花 - 花の章 -

窓辺やテーブルにそっと野の草花を生けて、視界に転がしながらゆったりした気持ちで新茶を飲む。そんな風景を伝えて根津の花木屋店主の岡野廣美さんに生けて頂きました。

彼女の生ける草花は、枯れた空間にやわらかな時間を流してくれます。それも手伝ってか長居して下さるお客様が多発しています。
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_22522860.jpeg
白岩大佑 急須花入れ/スモークツリー・向日葵・ポンポン菊・カンガルーポー

煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_23592543.jpg
大村剛 花入れ/京鹿の子
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_23594202.jpg
小野陽介 花器3(コバルト釉)/矢車草
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_23595935.jpg
小野陽介 花器6(黒釉薬)/桔梗・粟
sold out
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00022003.jpg
岸田匡啓 朝鮮唐津徳利花生/スプレー菊・半夏生・粟・蛍袋
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00020359.jpg
岸田匡啓 朝鮮唐津徳利花生/蛍袋
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00003978.jpeg
黒畑日佐代 花器/アストロメリア・リモニウム
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00005305.jpg
黒畑日佐代 花器(白)/ヒペリカム・京鹿の子
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00012442.jpeg
橋爪香代 一輪挿し/アストランチア
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00014187.jpg
白岩大佑 焼〆一輪挿し/カンガルーポー・アストランチア
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00033070.jpg
鈴木美雲 壺/スプレー菊
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00030898.jpeg
鈴木美雲 壺/京鹿の子・
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00024924.jpeg
鈴木美雲 壺/カンガルーポー・半夏生・菊
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00050398.jpeg
吉田崇昭 白磁花器/ルリタマアザミ
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00052773.jpg
吉田崇昭 白磁面取花器/紫陽花
煎茶と花 - 花の章 -_f0351305_00043745.jpeg
丸田宗一廊 白磁瓜型小壷/深山の雪(芍薬)

9人の作家が各々の解釈で形にした花生けは、強く主張することなく野の草花をやさしく受け入れています。散歩の途中に目にした名もなき路傍の花をそっと生けてみたくなるのです。








by waninogena2 | 2019-06-11 23:58 | 展示 | Comments(0)


文京区千駄木にある現代作家のうつわのギャラリー 箒星+g のブログ。目に、手のひらに、そして気持ちに。日々の生活の中にある心地好いモノ達。


by houkivoshi

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
うつわ
旅行と散歩
オブジェ
展示
展示
うつわ
旅行と散歩
未分類

以前の記事

2020年 04月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月

お気に入りブログ

最新のコメント

モリスゾイさんでたどりつ..
by おかのむぎ at 11:48

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-04-01 15:57
箒星からのお知らせ 2020..
at 2020-02-28 20:38
すずきたもつ 陶展 - 後記 -
at 2019-12-29 19:26
すずきたもつ 陶展 3 - ..
at 2019-12-20 16:05
すずきたもつ 陶展 2 - ..
at 2019-12-18 14:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

陶芸
アート・デザイン

画像一覧